外国為替市場で注目を浴びる高金利の新興国通貨トルコリラ

4 7月 2016

日本は少子高齢化の著しい人口減少社会です。特に労働力人口が大きく減少しています。
これが意味するところはお金をたくさん使う消費者が減少し続けると言うことです。
お金をたくさん使う消費者が減れば消費も伸び悩みます。
さらに、企業はこの先お客さんが増えないのですから積極的に投資することもしません。

GDPの中心である消費と投資の伸びは両方とも期待できません。
つまりGDPの伸びも今後あまり期待できません。
高齢化社会ですから年金や医療などの社会保障費が必要ですが、経済成長が期待できないので、これからは一人あたりの給付額も減らされてゆくという心配もあります。

そこで個人で資産形成をしようとする人が増えているようです。
しかし、日本国内では経済成長も期待できず、またそのために低金利政策が続けられていますから大きな利回りは期待できません。
そこで考えられるのが外国為替市場を利用した外貨での資産運用です。
外貨での資産運用と言っても先進国の多くは日本と同じ高齢化社会で、また資本蓄積も既に十分ですから日本ほどではないにしろ高い経済成長は望めません。
このため先進国の多くの国は低金利政策を採用しています。

そこで注目を浴びているのが経済発展中の新興国通貨での資産運用です。
新興国の多くの国は未だ少子高齢化の問題を抱えていません。
また資本集積も未だ十分でなく旺盛な投資需要が存在しインフレ基調の国が多く存在します。
新興国通貨はこの為、少なくとも先進国より高い金利の通貨が多くなっています。

こうした通貨の代表はトルコのトルコリラでしょう。
トルコは現在急速な重化学工業化を推し進めておりインフレを抑えるために政策金利が高めに設定されています。
こうした理由でトルコリラは外国為替市場の取引において高金利通貨として注目を浴びています。

トルコリラの他にもブラジルレアルや南アフリカランドなどが政策金利が高い新興国通貨です。
この他、オーストラリアドルやニュージーランドドルなども高金利通貨として注目を集めていますが、こちらはめずらしい先進国の高金利通貨です。

イスタンブールの日本人

20 11月 2015

海外旅行の行き先として、依然として高い人気を誇っているのがイスタンブールです。
短い滞在であれば、飛行機の往復代まで含めて、5万円前後ぐらい
350−450ユーロで現地での観光を楽しむことができるでしょう。

イスタンブールと言えば、かつてのローマ帝国にはじまり
ビザンチン帝国を経て、オスマントルコ時代と、大きな帝国の中心地でした。
それゆえ、歴史遺産が多くあるのは勿論ですが
市場や教会などもたくさんあり、なかなか日本では触れることが出来ない
熱気あるいは宗教的な佇まいを体感することができる場所です。
旅行会社のパンフレットを開けば、必ず、イスタンブールを中心にした現地ツアーが出ています。

もちろん、旅行会社のパッケージを使っても、手頃な値段で、安全に、旅行が出来るはずですが
実は、イスタンブールの街には、在住日本人が多くいることでも有名です。
そこで働いている人もいますし、トルコ文明の研究者なども多くいます。
その方々が、驚くほどの格安でイスタンブール市街地の観光案内をしてくれたり
歴史遺産、世界遺産について教えてくれたり…ということもあります。
彼らの助けを借りれば、さらに効率よく、安値で、イスタンブールの観光を楽しめることは確実です。

トルコリラでスワップ狙い

13 11月 2015

トルコリラは、高金利通貨として有名です。経済新興国であり、金利政策も盛んに行われるトルコは、多くの投資家が、その動向を気にかけていますね。

このような高金利通貨(トルコリラ)を、日本円のような超がつく低金利通貨で買おうとすると、多額のスワップポイント(金利差調整分)と言われる「2国の間での金利差」を利した差益が手に入ることになります。この高金利と低金利で、ペアを作りながら、スワップポイントで、どんどん為替取引を有利に進めていく手法は、FX上級者だけでなく、初心者にも、比較的に親しまれている方法です。

低金利の通貨を使って、高金利の通貨を持っているだけで、毎日、少しづつでも金利差が利益になる構造です。これは、FXの初心者にも、分かり易く、比較的にリスクが少ないと見られています。

ただ、FX会社により、スワップポイントに違いがあることと(それぞれの会社のホームページに出ています)。また、高金利の通貨を売り、低金利の通貨を買い続けることで、逆に、その金利差を、支払う、というリスクも見ておかなければなりません。

特に長期間の保有には、知らないうちにズルズルと、スワップポイントを支払うことになってしまった!などとならないように
注意しましょう。

トルコ旅行で気になる為替は??

9 11月 2015

日本でも、たくさんのビジネスマン、留学生、旅行者を見かける、トルコ。実は、逆に日本からも、多くの人たちがトルコを訪れています。イスタンブールを中心に、サッカー(2002年W杯での対戦から、トルコに親しみを持つようになった方も多いようですね)を見たり、歴史・文化地区を歩いたり、オスマン帝国の文化遺産に触れたりできます。1週間の滞在で、20万円以内で、充分に楽しめるツアーも割と多く出ていますね。有名なトルコ料理、ケバブなどはもちろん、マクドナルドなど、日本にも店舗を持つようなファーストフードも食べることができます。

トルコと言えば、以前からEUへの加盟にも積極的で、歴史的にもドイツなどと関わりが深い国ですが、必ずしも欧州に吸収される文化圏ではありません。経済的には、まだまだ大きく伸びる新興国であり、中東への窓口として、アジアとのつながりも深く、独特の文化・景観・宗教を持つ国です。値段的にも無理をせず、手軽に訪れることができるトルコは、いま注目を集めている旅行先です。

気になる為替ですが、2015年10月現在、1トルコリラあたり41円前後で推移しています。リーマンショック後は、ずっと40円台の低水準に留まっていたトルコリラですが、いまは、最もお手頃と言えるような為替水準です。

FXってなに?初心者でもやってみたい…

4 11月 2015

FXって昔から興味あるけど…、すごく大損したっていう人の話をたくさん聞くから、怖いわ〜、という人も多いようです。確かに、いくつかのFX独特のリスクを抑えておく必要はありそうですが、基本的な仕組みは、そう難しいことではありません。お金を着実に増やしていくに、依然として有効です。為替取引への抵抗を少なくし、少しづつ、はじめてみましょう。

FX(外国為替証拠金取引)は、もっとも単純には外国の通貨を、安いときに買って、高いときに売る、その「差」と「タイミング」によって、利益を得ていく取引です。

多くの方が、海外旅行などで、例えば、円をドルに交換するような経験を持っているはずです。ところが、いざ日本に帰ってきて
余ったドルを円に交換しようとしても、円・ドル交換の比率はいつも同じではないので、旅行に出かけるときと、同じレートでは、換金できなかったりします。この為替差、さらに交換のタイミングが、FXの肝になります。

FXの面白いところであり、リスクでもあるのが、手数料とレバレッジの話です。手数料は、両替に掛かる都度の手数料のことで、為替を、細かくチェックして、差益を得ようと言う場合にも、これを無視できません。レバレッジは、いわば他人のお金を借りて、自分が本来できるより、多くのお金をテコの原理によって動かすことです。大きな利益を得るチャンスですが、リスクも当然、考慮しなければいけません。

注目度UP「トルコリラ」どこに注目?

1 11月 2015

新興国の投資対象、注目度上昇のトルコリラを、ご存知でしょうか?いま、大きな注目を集めています。
トルコリラを知りたい方はこちら
トルコは、ヨーロッパの中央部に位置しつつ、中東、アジアとの結節点でもあり、交通の要衝、文化の融合点となりながら、独自の経済成長、諸外国との交流を行ってきた国です。

このトルコの通貨(トルコリラ)は、新興国への投資家から、いまなお、注目を集め続けています。その理由はどこにあるのでしょうか、疑問にお答えします。

注目の第一の理由は、トルコリラ「価格帯」の手軽さです。この通貨は、2007年には1トルコリラあたり100円以上で取り引されていましたが、リーマンショック以降に下落を続け、近年では40円台まで下落しています。底値の水準と見るか否か、判断が難しいところですが、手ごろな価格帯に留まっていることは確かです。

この価格帯に加え、注目すべきは、変動幅の大きさです。この低い価格帯にありながら、変動幅の大きさは米ドルに匹敵する水準であり、低リスク、高リターンのチャンスを備えています。差益を狙うチャンスも存分にあるでしょう。

トルコという国が、経済面では新興国の位置にありながら、長い歴史と伝統、地理的優位を持つ国であることも魅力です。財政も健全で、若く、優秀な頭脳が揃うトルコへの注目度が、いま、高まっています。